カロバイプラス 下痢
カロバイプラスは脂質や糖質の吸収を抑え、中性脂肪とLDLコレステロールにダイレクトにアプローチできるダイエットサプリとしてダイエットに悩む女性たちの間で話題になっています。

ですが、一部では痩せたけれど下痢になったといった声もあがっており、もしそれが本当なら怖くて使えないですよね。

カロバイプラスで下痢になってしまうのには、どんな原因が隠されているのでしょうか?

カロバイプラスで下痢になる原因

カロバイプラスには腸内環境を改善し、ダイエット中に起こりがちな便秘をすっきり解消してくれる効果が認められています。

今まで便秘薬を飲まないとお通じがこなかった人でも、カロバイプラスを飲むようになってから毎日お通じがくるようになったと嬉しい声が多く寄せられています。

いくら食事制限をしても、便を排出することができなければ身体の中でどんどん蓄積していってしまい、なかなか痩せることはできません。

痩せないだけでなく、便秘は肌荒れや口臭、体臭の原因となりますし、悪化すると体調不良の原因となるので、カロバイプラスの効果で便秘をすっきり解消できるのはいいですよね。

しかし、体質によっては急に腸内環境を改善されたことの刺激で下痢になってしまう方もいるようです。

ですが、これは副作用ではなく、腸内環境を改善したことで刺激になってしまい、下痢は一時的な症状なので、安心してくださいね。

個人差はありますが、好転反応で下痢になったとしても長くても3日以内には収まります。

もし1週間経っても下痢が治らない場合は、カロバイプラスの使用をストップし、それでもまだ治まらない場合は別の原因が考えられるので、病院へ行って検査してもらいましょう。

アレルギー反応がでている可能性も

カロバイプラスで下痢になってしまったとしても、好転反応であることがほとんどなので深刻に捉える必要はありません。

しかし、カロバイプラスに配合されている成分の中に成分アレルギーがある場合はアレルギー反応を起こしている可能性も考えられます。

もしカロバイプラスに配合されている成分に、自分が持っているアレルギーを持っているのであれば、残念ながらカロバイプラスを使用することはできません。

もし無理に使用し続けていると、アレルギーのレベルによっては重症化してしまう恐れも…

成分アレルギーがあるなら、いきなりカロバイプラスを摂取する前に、まずはカロバイプラスの成分表をチェックして、自分が持っているアレルギー成分が入っていないかどうか確認してから摂取してくださいね。

厳しい審査基準のGMP取得向上で製造

カロバイプラスで下痢になってしまったら、品質に何か問題があるのでは?と疑いたくなりますよね。

カロバイプラスは技術や品質管理、衛生面に対して厳しい基準をクリアした工場でないと製造することができないGMPを取得している工場で製造しています。

お客様の安全を確保するために、全ての工程を徹底的に管理し、高品質を維持していることから、品質の問題で下痢が起こる可能性はないといいでしょう。

実際にカロバイプラスは品質に不備があったといった報告はどこにも寄せられていません。

誰でも安心してダイエットに取り組んでいただくためにも、厳しい品質管理を常に行っているので、カロバイプラスの品質が原因で下痢になってしまう恐れはありません。

カロバイプラスで下痢になってしまう原因の多くが好転反応によるものです。

今まで便秘がひどかった人ほどなりやすいとされているので、もし下痢になったとしても副作用ではないので安心してくださいね。

誰でも簡単にキレイに痩せられるカロバイプラスで、女性としての自信を取り戻してみませんか?