カロバイプラス 飲むタイミング
ファスティングや置き換えダイエットもお腹が空いてなかなか続かないし、運動は苦手で最初が頑張れても結局さぼってしまう…

そんなダイエットのお悩みを解消してくれる人気のカロバイプラスは過度な食事制限や運動をしなくても、無理なく痩せられることができます。

しかし、飲むタイミングを間違えてしまうと、せっかくのカロバイプラスの効果を感じられないのですが、どの飲むタイミングに飲めばいいのでしょうか?

カロバイプラスはいつ飲んでもいいわけではない?

ダイエットサプリによって飲むタイミングは異なりますが、食前に飲むように推奨されているものが多いです。

ですが、基本的にはどの飲むタイミングで飲んでもいいとされているものも多いので、カロバイプラスも同じだと思われている方もいます。

しかし、カロバイプラスは飲むタイミングはいつでもいいわけではありません。

必ず朝食を食べる30分前には摂取しておく必要があります。

そのため、カロバイプラスの愛用者の方のほとんどは起床してお水を飲むタイミングの時に一緒にカロバイプラスを飲んでいる方が多いようですね。

朝にさっとカロバイプラスを飲むだけでダイエット効果をもたらしてくれるのは嬉しいのですが、なぜ飲むタイミングが朝食を食べる30分前と決まっているのでしょうか?

その理由はカロバイプラスの成分吸収力を高めやすくするためです。

朝起きてすぐは一番胃の中に何も入っていない時なので、その時にカロバイプラスを飲むことで、成分の吸収を邪魔するものはなく、身体の中へと成分を浸透させることができます。

それなら朝食を食べる直前に飲んでもいいのでは?と思われるかもしれませんが、カロバイプラスを飲んですぐには全ての成分が身体の中で吸収することはできないので、最低でも30分は空けてから朝食を食べるようにしましょう。

間違った飲むタイミングを続けていると効果なし

カロバイプラスは必ず朝起きてすぐに飲むことで、成分効果を最大限に引き出すことができるダイエットサプリです。

飲むタイミングでそんなに効果は変わらないのでは?と思ってずっと間違った飲むタイミングを続けていると、いつまでたっても効果を実感することができません。

カロバイプラスで本気のダイエットを始めるのであれば、間違った飲むタイミングでは飲まないようにしてくださいね。

飲み忘れてしまったらどうするの?

まだカロバイプラスの飲むタイミングが習慣化されていない時だと、つい飲み忘れをしてしまうこともありますよね。

その場合はどうすればいいのでしょうか?

もし朝食を食べる前に飲み忘れてしまったのであれば、昼ご飯を食べる30分前までには摂取するようにしましょう。

朝食を食べる30分前よりも効果は薄れてしまいますが、全く飲まないよりも効果をもたらすことができます。

また、間違った飲み方としては、飲み忘れをしてしまっても、次の日通常の2倍の量を摂取してはいけません。

昨日飲むのを忘れてしまったから大丈夫だと昨日分まで一気に摂取してしまうと、身体に負担がかかってしまう恐れがあるので、絶対に止めておきましょう。

朝にカロバイプラスの飲むタイミングを忘れないためにも、朝起きて水を飲む時に見えるところにカロバイプラスを置いておくなどして、習慣づけさせるように意識してみてくださいね。

カロバイプラスは間違った飲むタイミングを続けていても、ダイエット効果はいつまでも感じることはできないでしょう。

より早く、効果的にカロバイプラスの成分効果を引き出すためにも飲むタイミングを間違えないように気をつけてくださいね。

どんなダイエットをやっても痩せない、一生痩せることができないの?と諦める前にカロバイプラスの効果をぜひ体感しましょう!